人生の帆船

主にアーケードゲームについて書いてます。

ソニックアドベンチャー2【「セガなんてだっせぇよな!」そう思ったあなたに】-人生の帆船

 


タイトルはドリームキャストというセガが昔販売していたゲーム機のCMの中の一言で、私の本心ではありません。当時幼稚園だった私はこのCMを見て爆笑しながら、「どんなゲーム機なんだろう」とワクワクしました。(しかし、ドリームキャストを手にすることはありませんでした泣。)今回はそんなドリームキャストの名作を自分なりに紹介しようと思います。 



 

ソニックアドベンチャー2とは

世界中(のはずです....)で大人気のソニックシリーズの作品のひとつです。例によってソニックの宿敵のDr.エッグマンと戦うのですが、今作ではそれ以外の他者の思惑によってストーリーは大きく変化していきます。

ストーリー

ソニックアドベンチャー2では、ソニックサイドのヒーローサイドとエッグマンサイドのダークサイドという2つのストーリーがあります。

ヒーローサイド

ある日言われのない理由でG.U.N(Gardian Units of Nationsの略、この世界の防衛軍だと考えれば適当かと)に拘束されるソニック。そこから脱走したところ、自分とそっくりなハリネズミ、シャドウ・ザ・ヘッジホッグに遭遇します。そこから大きく物語が動き出します。

ダークサイド

 自らの祖父ジェラルド・ロボトニックが残した秘密兵器を強奪しにG.U.Nの施設を強襲するエッグマン。しかし、秘密兵器とはソニックと瓜二つ(この世界の人にはそう見えるらしいです。)シャドウ・ザ・ヘッジホッグでした。シャドウはエッグマンに世界征服の手伝いをすると持ち掛け、エッグマンも承諾します。しかし、シャドウの思惑は別の所にあるようで...

ゲームシステム等を書くと長くなるので簡単にこのゲームの好きなところと嫌いなところを挙げていきます。

好きなところ

爽快感

ソニックシリーズといえば、ゲームスピードが速いので有名ですが、このゲームも御多分にもれずに速いです。そして特にソニック・シャドウのステージでは完璧に走れるようになるとあれよあれよと進んでいけるようになり、爽快感が半端ないです。(当社比120%)

スタイリッシュなアクション

このゲームではソニックはグラインドシューズを履いています。グラインドシューズとは昔ソープ社という靴のメーカーが出していた底面が特殊な構造をしていて、手すり等に乗って滑れる靴のことです。下記のブログでその姿が見れます。

blogs.yahoo.co.jp

 

 これに乗ってソニック達が滑っていくのですが、ものすごいスピードで駆け巡っていく彼らを見ているかっこよすぎて、気分が高揚していきます。

また、今作品からジャンプアクションが取り入れられていて、ステージ上にあるジャンプポイントでタイミング良くジャンプするとソニック達がかっこよくトリックを決めて

いきます。

かわいいチャオ

今作品ではチャオというキャラを育成することができます。

sonic.sega.jp

画像であげられないのが申し訳ないくらい可愛いです。このチャオというのは育て方次第でさまざまな姿に変わります。さらにこのチャオはゲーム内でさまざまな仕草を見せます。プレイヤーキャラに甘えたくてすり寄ってきたりもするので、愛着がわくのは間違えないです。だからいじめたりはしないでください笑。

bgm

とにかくbgmがいいです。(信者並感)一番最初にあげたムービーで流れているこのゲームの主題歌「LIVE&LEARN」を始め、さまざまな曲がゲームを盛り上げてくれます。例えば制限時間があるステージでは、テンポが速く焦らせてくるような曲で緊張感を漂わせてきます笑。他にもムーディーな曲等バリエーションが豊富なので音楽だけでも楽しめます。

きらいなところ

正直にいってあまりないです笑。ただ個人的につらかったところといえば、

エンブレム120枚

これは本当にきつかったです。このゲームはひとつのステージに5つのミッションがあって、1つのミッションでAランクを出すとエンブレムが1枚もらえます。しかしこれだけでも難易度が高いです。さらに5つめのミッションはハードモードとなり、ステージの仕様が変わり、初見でゴールするのは不可能ですね笑。少なくとも私は初見でできた試しがありません。ハードモードは一度もミスをしなければAランクでクリアできるのですが、それでもall Aランクにするのに1年以上かかりました。ただ120枚集めたときに出てくるボーナスステージをプレイした時は達成感が湧くとともにそれまでの疲れがぶっ飛びました。

総評

とにかくソニックとシャドウのステージがgoodです。これだけでも一日はやっていられます。ただ死にポイントが多いので最初の内はあまりゲームテンポは上がらないでしょう。しかし、慣れればサクサク進むので皆さんも是非やってみてください。ちなみにこのゲームは対戦プレイもできるのですが、私の周りにはやってくれる友達はいませんでした泣。

最後は

Too easy!楽勝だぜ!!