人生の帆船

主にアーケードゲームについて書いてます。

【キャラ設定を活かしたギャグ漫画】艦隊これくしょんー艦これーお願い!鎮守府目安箱

前回のイベントでようやくイベント海域をすべてクリアしました肯定ペンギンです。前回はダイソンやら、初登場の深海日棲姫の鬼のような耐久値には苦しめられました。かなりストレスが溜まりましたね。そんな私が紹介したいのは、数ある艦これ関連の漫画のひとつの『お願い!鎮守府目安箱』です。(ネタばれ防止のために、艦娘の名前を伏せたり、話にはなるべく触れないようにしています。)

 

概要

月刊雑誌『電撃マオウ』にて連載中。既刊3巻。漫画:種十号

あらすじ

鎮守府の風紀を守るために、目安箱が設置されます。そこには艦娘達の悩みがたくさん寄せられています。そこに入れられた投書を目安箱解決実行委員会が解決に向けて、状況に応じて艦娘達を派遣し、お悩みを解決していくというのが基本的な流れです。

登場人物

目安箱解決実行委員会

目安箱解決実行委員会を構成するメンバーは、公平性を保つために各々が匿名となっています。簡単に各々を説明していきます。

  • No.1..目出し帽・・・プレイヤーの分身たるあの人です。今作ではちゃんと発言するなどキャラはしっかりとあるのでご安心ください。
  • No.2..紙袋・・・駆逐艦が大好きなどとロリコン扱いされる某戦艦娘です。
  • No.3..ひょっとこ・・・目に映るものは何でも食べてしまうと言われる某空母娘です。
  • No.4..うさぎ・・・「おっそーい」
  • No.5..包帯・・・中堅以上の提督はお世話になっている某工作艦娘です。いつも疲れているのでたまには休ませてあげてください。
  • No.6..黒頭巾・・・地獄のような任務を伝えてくれる某軽巡娘です。

以上の6名が暇な時も、イベントに忙殺されている等の事情に関わらずに艦娘たちのお悩みを解決するために日々尽力しています。

ここが面白い

キャラ設定を活かしたお悩み相談

目安箱の投書の数多くが艦これでのキャラ設定に基づくものです。また解決のために派遣される艦娘もキャラ設定を基に行動しています。(一部やりすぎなキャラもいますが気にしないでください。)

例1

駆逐艦娘は作中であまり表情を変えないので周りには怒っているように思われているというキャラ設定があります。今作では、そのことがお悩み相談になります。そこで某軽空母娘が彼女をなんとか笑わせようと奮闘します。果たしてうまくいくのでしょうか?

例2

 戦以外不得手の駆逐艦娘が成り行きで派遣され、料理の指南を任されることになってしまいました。しかし、戦以外は不得手なので悪戦苦闘します。そこへいろいろなトラブルが起こり、事態は思わぬ方向へ行きます。

ここが気になる

艦これのキャラ設定ありき?

面白い点でキャラ設定を活かしたところを挙げましたが、キャラ設定を知らない人はピンとこないかもしれません。しかし、テンポよく話が進んでいくので読んでいて苦痛というわけではないし、むしろそこを知らなくてもそこそこ楽しめるはずです。

 

他にもいろいろと魅力があるので、是非お手にとって読んでみてください。