人生の帆船

太々しい顔してるペンギンだな

エアラインパイロッツ【パイロットになれるゲーム】-人生の帆船

スポンサーリンク

飛行機といえば、離陸する瞬間が好きなんですよ。離陸する時のあのGがかかってシートに押し付けられる感覚やあの独特の浮遊感がとても気持ちいいです。

なぜこんな話をしたかというと、今回は飛行機操縦シミュレータ・エアラインパイロッツを紹介するからです!

f:id:KnightOfSonic:20190422030823j:plain

エアラインパイロッツ(セガ)ラウンドワン新三郷スポッチャにて

概要

エアラインパイロッツは1999年にセガよりリリースされたシミュレーションゲームです。

このゲームではJALが協力しています。どうりで筐体もここまで精密に再現されているわけですね。

ゲームシステム

特徴

実際の飛行機の操縦席と同じ方法で操作していきます。

操縦桿を両手で握り、左右に動かすことで機体を動かしていきます。

また、操縦桿を押したり引いたりすることで、機首を上げ下げして高度を調整します。

空港から離陸してある程度の高度まで操作していきます。(さすがに都市間の飛行は再現できなかったようです)。その後空港に着陸するまでが一連のゲームの流れです。

このゲームのここがいい

リアルな操縦

操縦桿が結構重くて、そういうところもリアルです。

また、操縦桿を動かしてから実際に機体が動くまでに結構時間差があり、そういったところも考慮しながら操作しなければならないという点もリアルです。

忠実に再現された空港近辺の都市

このゲームでは、羽田空港などが出ることもあって空港近辺の都市が再現されています。

羽田空港を離陸する際は、都庁やレインボーブリッジなどを見ることができ、その都市ならではの物を探すのも面白いです。

このゲームのここがきつい

高難易度

このゲームの難易度は非常に高いです。

まず操縦桿を操作してもすぐに機体は反応しません。そして、反応がないのでより動かすと機体を傾けて過ぎてしまいます。

さらに機体を度々微調整をしていかないと機体がルートからそれてしまうので気が抜けません。(シミュレータ系が得意な私でもうまく乗りこなせませんでした泣)。

なめてかかると痛い目を見ます。

移植

2019年4月現在このゲームは移植されていません。

設置店舗

ヨークベニマル利府店

ピアゴ印場店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ

たいらや鶴田店

【ラウンドワン】ラウンドワン スタジアムららぽーと新三郷店|店舗紹介