人生の帆船

主にアーケードゲームについて書いてます。

電車でGO!3通勤編

満員の通勤電車って見てるだけで苦しくなりますよね。満員電車を見るたびに思うのですが、通勤時間って無駄だと思います。このことを言うと通勤時間を含め移動時間を有意義に使ってると反論する人もいるでしょう。そのような人もいるのも確かです。

しかし、9割方はスマホをダラダラ見ています。そんなことで時間を潰すくらいだったら、通勤時間を減らして家でゆっくりする方がはるかに有意義に過ごせると思います。私は今回は満員電車に揺られながらこの記事を書き、大変有意義な時間を過ごしました。今回は電車でGO!3通勤編を紹介していきます。

f:id:KnightOfSonic:20190322195400j:image

 概要

電車でGO!3通勤編は2001年にタイトーより稼働した電車でGO!シリーズのナンバリング作品3作目です。(ナンバリングと申したのはそれ以外に派生作品があるからです。)

今作では通勤編と題するように通勤電車を主に取り上げています。

ゲームシステム

基本的には先日紹介した電車でGO!2高速編と同じです。

 

www.lifeshipsailing.net

 

ただ変わった点もあります。

今回は時間を選べるようになり、朝・昼・夕・夜・リアルタイムの5つを選べます。リアルタイムは文字通りに現実の時刻でプレイできます。

このゲームのいいところ

時間による風景の変化が楽しめる

先に述べたようにこのゲームでは時間を変えられます。そうすると同じ路線であっても風景は違ってきます。昼では普通のビルであったものが夜になると街を照らす光になったりします。私のオススメは夕方の時間帯ですね。日の入り前の鮮やかな夕焼けに毎度目を奪われてしまうからです。電車でGOシリーズはグラフィックに結構こだわっていて、今作でもそのこだわりが見られます。

ここがきつい

短い駅間距離

今作ではタイトルに通勤編がつくだけあって、通勤電車のダイヤがメインです。しかもどの路線も駅間距離が短いです。そうなると駅到着のギリギリまで加速して、駅で一気にブレーキをかけないと到着時刻に間に合いません。しかもブレーキの強弱に気をつけないと、オーバーランしたり、停止位置前で停車してからの再加速など減点の憂き目にあいます。駅間距離に余裕はないですが、せめて心は余裕を持って運転しましょう。

面倒な乗客

このゲームでは駆け込み乗車があり、これが起こると数秒発車するのが遅れます。また、電車の混雑状況により加減速が鈍くなったりするので、これを知らずに停車しようとするとオーバーランする可能性が高くなります。

おさるトロッコ

このゲームでは、ノーコンティニューで進めていくとある駅の発車時におさるトロッコが出てきます。追いかけようとしてもドラッグマシン並の加速であっという間に消えていきます。おさるトロッコを見るためにゲームを頑張るのも楽しみの一つです。

移植

このゲームは電車でGO!3通勤編(PS2)として移植されています。

設置店舗

privatter.net

 

 

【峠を攻めろ】サイドバイサイド2 エボルツィオーネ

突然ですが、タイトーのゲームといえば何を思い浮かべますか?私はやっぱり電車でGOシリーズですね。そういえば電車でGO初代には、本作とは別にもう一枚ディスクがついていて、それはサイドバイサイドの体験版でした。当時小学生であった私は体験版をやるとセーブデータが破損されることなどつゆ知らずにサイドバイサイドをプレイしました。しかし、当時低学年であった私にまともにプレイできるはずもなく一回やったらもう二度とやることはありませんでした。そんなことを思い出しながらサイドバイサイド2・エボルツィオーネを紹介していきます。

f:id:KnightOfSonic:20190321154653j:image

概要

サイドバイサイド2・エボルツィオーネはタイトーが1997年に稼働したレースゲームです。レースゲームとは言ってもこのゲームでは主に山間、特に峠を攻めるゲームとなっています。当時は頭文字Dが流行っていたこともあり、そのことを意識したコースが何か所かあります。

また、この3月にオンラインサービスが終了するバトルギア4を始めとするバトルギアシリーズの先駆けをなる作品です。

ゲームシステム

ゲームシステムは特筆すべきことはなく、一般的レースゲームで周回制の持ち時間ありでチェックポイントを通過すると持ち時間が回復します。

コースは全部で5つあります。

このゲームのここがいい

テンポのいいBGM

このゲームではロック調のBGMがゲームを盛り上げてくれます。私が一番好きなのは"midnight"で峠を攻めているかのように緩急のある曲調が気持ちを引き締めてくれます。(さすがに頭文字Dのようにユーロビートを多用するわけにはいかなかったか..)

実名の車を使える

実名の車を使えます。頭文字DでおなじみのトヨタAE86でなんかもそのままの車種名で使えます。また車のカラーも頭文字Dを意識したものがあります。

デッドヒート

このゲームでは1レースで8台の車とバトルするわけですが、コース幅がせまいのでかなりぶつかり合いが多いです。お互いに前に出ようとするのでコーナーでの立ち回りが重要になってきます。熱いバトルが繰り広げられます。

このゲームのここがきつい

ドリフトありきのプレイング

このゲームは峠を攻めるだけあって非常にコーナーが多いです。それなのでドリフト走行が苦手な方は厳しいかもしれません。(アウトラン2で鍛えた私のドリフトも通用しませんでした。)ただドリフト自体は起こしやすいのでドリフトを使いこなしてコーナーで差をつけましょう。

移植

このゲームは『サイドバイサイドスペシャル』(PS)として、『サイドバイサイド』と『サイドバイサイド2』のカップリング移植がされています。

設置店舗

台場一丁目商店街(2019年3月確認:)

kids.us.land イオン熊谷店

げーむぱーくギャラクシー西友西町店

新治ショッピングセンター さん・あぴお土浦店

リブラショッピングセンター龍ヶ崎

他多数の店舗で確認されています。

 

【自転車じゃないよ!】HUMMER

普通のレースゲームには飽きた、変わったレースゲームがしたいという方におすすめなのが、今回紹介するゲーム『HUMMER』です。

f:id:KnightOfSonic:20190321154352j:image

 

概要

HUMMERは2009年にセガより稼働開始したレースゲームです。このゲームは一般的なレースゲームと違ってオフロード、つまり舗装されていない道を走ります。

また筐体は、ゼネラルモーターズの4WD車「ハマー」を模していてリアリティあふれるものとなっています。

ゲームシステム

このゲームでは一般的なレースゲーム同様周回制の持ち時間ありです。コースは4つあり、初級・中級・上級・特級?になっています。私は中級までしかやっていませんが、難易度は低く割りと敷居が低いゲームだと感じました。

ブーストシステム

このゲームにはコース中に障害物があり、それらを壊していくとゲージが溜まっていきます。ゲージが満タンになるとブーストが使えるようになります。ブーストを使うと一定時間最高速があがり、前を走る車をドンドン抜かせます。またブースト中にほかの車にぶつかると相手をテイクダウンといって足止めすることができ、レースで優位に立てます。

ドライバーチェンジシステム

私は一人でやったので使っていませんが、この筐体では2人乗りが出来、レース中にドライバーチェンジができるようです。この筐体ではハンドル・アクセル・ブレーキが左右につけられていてそこで交代するようです。私の前に親子が交代しながらやっていたので、私もやりたいと思い友人を誘ったのですが断られできませんでした泣。

このゲームのここがいい

筐体をふんだんに生かした迫力のある走行

このゲームの筐体はレースに合わせて動きます。砂利道を走れば筐体がバウンドするように動きますし、コーナーをゆけば筐体もコーナーに合わせて傾きます。本当にオフロードを走っているようで実に迫力がありました。

ストレスフリー、障害物をなぎ倒せ!

このゲームでは障害物をなぎ倒してブーストゲージをためると書きましたが、その障害物を破壊しながら走行していくのが実に爽快です。コース中にあるほとんどのオブジェクトを破壊できるので、思わず破壊していくのが気持ちいいです。内なる破壊衝動が出てきます。ストレスがたまっている方にもおすすめです。

このゲームのここがきつい

揺れる筐体

このゲームのいいところで筐体が動くといいましたが、結構激しく揺れるので乗り物酔いする方にはおすすめできません。友人にも「酔いそう」と言われ一緒にプレイするのを断られました。

移植

2019年3月現在このゲームは移植されていません。

設置店舗

大慶園(2019年3月確認済み)

大慶園ですが、電車で行くのなら武蔵野線市川大野駅で降りて、そこから市川営業所方面のバスにのり、市川斎場停留所で降り、徒歩10分で着きます。なお、バスは1時間に1本なのでちゃんと帰りのダイヤを確認しましょう。

小倉コロナ

【emergency call!!】救急車(セガ)

f:id:KnightOfSonic:20190318195024j:image

皆さんは救急車に運ばれたことはありますか?私はあります。小学生の頃、高所から落下し背骨を骨折した際に乗りました。今思えば貴重な経験だったと思いますが、当時は想像を絶する痛みとパニックでそんなことは考えられなかったです。なぜこんな質問をしたかというと、救急車を運転できるセガの『救急車』を今回は紹介するからです。

 概要

このゲームは「セガ職業ゲームシリーズ」のひとつとして登場しました。このシリーズの他の作品には、「クレイジータクシー」「消防士」「エアラインパイロッツ」があります。

今作では救急隊員として救急車を操り、要救護者を病院まで送り届けることが目的です。

ゲームシステム

要救護者を病院まで制限時間内に送り届けます。なおこのゲームの画面の上の方には、患者の容体やバイタルサインが表示されます。救急車を運転している際に何かに衝突すると、患者の容体が急変するとともに制限時間が大幅に減らされます。患者に気を遣いながら運転するように心がけましょう。

ここが面白い

救急車の運転

救急車の運転という現実ではあまり運転することがない乗り物を運転できます。傷病者を運びながらの運転はこんなにも気を遣うものなのかと今更ながら救急隊員の方には頭が下がります。

また、いち早く病院にたどり着かねばならないので反対車線や歩道を走っても怒られません。さらに通ってくれといわんばかりのショートカットがちらほらあるのでそういったところを探すのも楽しいです。

ここがきつい

数々の初見殺し

昔のセガアーケードゲームは初見殺しが大変多いのですがこのゲームは特に多いです。例えばですが、急な坂を登り終えたと思ったらその先にバリケードがあり、それに接触して大幅に時間を減らしてしまったり、コーナーを曲がったと思ったらいきなり車が突っ込んできたりします。慢心してはいけない(戒め)。

まったくスピード感のない救急車

このゲームではまったくスピード感を感じませんでした。時速100kmが出ているはずなのに体感では時速30kmほどに感じてしまうくらいです。クレイジータクシーであったらお客さんは怒って飛び出してしまうでしょう。

ここが笑える

頭のおかしいパトカー達

このゲームでは、救急車のほかにパトカーも登場するのですが邪魔で仕方ないです。ステージ2では、病院に急いでいる救急車に正面衝突をしかけてきます。しかもこちらは右側通行で走行しているのに反対車線であるこちら側をわざわざ通ってきます。それ以外にもいろいろなところで邪魔してくるので是非プレイしてみてください。

移植

 2019年3月現在このゲームは移植されていません。

設置店舗

イオン南越谷(埼玉県)

長島温泉 湯あみの島(三重県

チェイスH.Q.2(タイトー)

f:id:KnightOfSonic:20190317175040j:image

突然ですが、皆さんは警察に逮捕されたことはありますか?私はないです。なぜこんなことを聞いたかといいますと、今回紹介するゲームはプレイヤーが指名手配犯を逮捕するゲームだからです。チェイスH.Q.2っていうゲームなんですよ。

 概要

チェイスH.Q.2は2007年に稼働を開始したアーケード用レースゲームです。内容を申しますとプレイヤーは警察になって、逃走犯をパトカーで追跡し逮捕するというゲームです。

ゲームシステム

過激な逮捕

写真の筐体についている看板に、キッズ向けアニメに出てきそうなお姉さんが「ガンガンぶつけて逮捕」と言っていますね。このゲームでは、逃走犯の車にガンガンアタックしていき、相手のライフを削り切ると逮捕になりステージクリアとなります。なおレースゲームにありがちな時間制限もあります。

追突するもよし、横から相手を壁際へ押し付けじわじわと相手のライフを削るのもよいです。個人的には相手の横っ腹にアタックしていくのが気分がいいです。

使いどころにきをつけろ!ニトロシステム

犯人が速くて追いつけない?そんなときはニトロを使いましょう。このゲームではニトロが使用できます。これを使って相手を追い詰めがんがんライフを削っていきましょう。ただし、ニトロには使用制限があるのでご注意ください。(設定にもよりますが、通常は1ステージ3回まで使用可能です。)

ここが面白い

白熱したカーチェイス

チェイスと名のつく通りにこのゲームではかなり激しいカーチェイスが繰り広げられます。逃走犯の車が結構速く、追いつくのに時間がかかります。さらに相手の車にアタックすると大体こちらは減速してしまうので必死で追いかけます。さらに一般車も走っているので、それを避けながら相手の車を追いかけていくのは実にスリルがあります。

初心者にもやさしいゲームシステム

他のレースゲームだと壁にぶつかってしまうと、大幅に減速をくらいますがこのゲームではそこまで減速をくらいません。よって相手の車を追いかけるのに集中することができます。

ここがきつい

ニトロの使いどころ

このゲームではニトロを使って相手を追い詰めることができると書きましたが、使用制限があるのであまり多用できません。相手に追いつこうとがんがん使ってしまうと終盤に追いつくことが出来なくなってしまうので、タイミングを見極めましょう(タイミングは私もわかりません)。

移植

2019年3月現在、このゲームは移植されていません。

設置店舗

ラウンドワンダイバーシティ東京スポッチャ(2019年3月16日確認)

ラウンドワン前橋スポッチャ

USランド旭サンモール

スペースイン・ミタマ(弘前

kid's us land イオン加古川

ラウンドワン入間スポッチャ

ラウンドワン半田スポッチャ

タイトーステーション溝の口

等全国にたくさん残っています。

 

 

 

これでもナスカーを基にしました!デイトナUSA2

今回はファンの間では、「新作来い」や「移植はよ」との声が今もあるデイトナUSAシリーズの二作目、デイトナUSA2を紹介します。

f:id:KnightOfSonic:20190313161022j:plain

 概要

デイトナUSAシリーズは、ナスカーアーケードと同じく実在するモータースポーツナスカーを基にしたゲームです。ナスカーアーケードの記事に簡単に説明してあるので、そちらもご覧ください。

 

www.lifeshipsailing.net

 ナスカーというのは、非常に激しいぶつかり合いがあります。それを忠実に再現したのがナスカーアーケード、過激な部分を更に強調したのがデイトナUSAシリーズです。それではそのことについて詳しく説明していきます。

ゲーム内容

ゲーム内容としては、周回制でその中で着順を競うという基本的なレースゲームです。ローリングスタート(各車が走りながらレースが開始する)方式でレースが繰り広げられていきます。参加台数は40台で、その中をオーバーテイクしたり、相手の車にアタックをしかけクラッシュさせたりして順位をあげていきます。

このゲームのここがいい

MODEL3の美麗なグラフィック

このゲームはMODEL3というアーケードゲームの基板を使っています。これまでの基板に比べて表現力が上がり、挙動が滑らかになり、テクスチャもかくかくせず自然な仕上がりになっています。

くせのない操作感覚

このゲームの操作は他のレースゲームと比べてかなり簡単です。基本的にローリングスタートから始まるので、加速時のシフトチェンジの必要がありません。また、ほとんどのコースがバンクのあるオーバルコースで最高速のままコーナーを通過することができます。細かいハンドル操作は必要ありません。

ナスカーさながらのクラッシュ

このゲームはナスカーを基にしていると述べましたが、ナスカーさながらの激しいクラッシュが起こります。オーバーテイクする際に他車とぶつかると他車がくるくると回転しながら後方へと消えていきます。これを繰り返しながら順位をあげていくのが実に気分がいいです。

このゲームのここがきつい

急加速

このゲームでは、ナスカーと違ってもの凄い加速がいいです。知らぬ間に時速300kmを超えていることも多々あります。はっきり言ってスリップストリームなどお構いなしです。それはそれでプレイして面白いのですが、これは本当にナスカーを基にしたゲームなのかと首をかしげたくなります。

移植

2019年3月現在このゲームは移植されていません。

設置店舗

ザ・サードプラネット横浜本店(2019年2月16日確認)

3rd-planet.jp

バック・トゥ・ザ・アーケード

twitter.com

その他、いろいろな場所で確認されています。

移植まだ?

このゲームはまだ移植がされていません。PS4やスイッチでダウンロード限定でも移植してくれないかと思うばかりです。

 

動く物はすべて敵?オーシャンハンター

最近、ブログ更新をさぼりがちで反省している肯定ペンギンです。今回は今も根強いファンのいるオーシャンハンターを紹介します。

f:id:KnightOfSonic:20190312202628j:plain光が反射してタイトルロゴが見えないですね。

 概要

オーシャンハンターは1998年にセガより発売されたガンシューティングゲームです。

世界中の海で人々を恐怖に陥れている怪物たちを賞金目当てに倒していきます。

ゲームシステム

ゲームの種類としては、ガンシューティングゲームです。画面内でサメやその他の魚類がプレイヤー達を襲ってくるので、ガンガン撃って倒していきます。
そして、ライフ制です。3つのライフを失ったらゲームオーバーです。結構シビアですね。
その他に、プレイヤー以外にもNPCがいます。彼らは、海中をひたすら調査していますが、間違って撃たないように注意してください。彼らを撃ってしまうとライフがひとつ減ります。(私は動く物全てを敵だと思っていたため、NPCを数回撃ち大幅にダメージを喰らいました。)また、彼らは頻繁にサメに襲われるため助けてあげるとライフを回復してくれます。
ステージは全部で8つあります。私はそのうち2つしかプレイしたことがありません。

このゲームのいいところ

ガンシューティングゲームなので当然なのですが、敵をガンガン撃ちまくれるのでスカッとします。さらに二人でやると盛り上がります。また、お互いを補助しあえるので攻略がちょっとは楽になります。
いろいろな海域を巡るので、冒険した気分になります。またいろいろな海域に行くので敵の種類もいろいろあり、海洋生物が好きな人は楽しめます。

このゲームのきついところ

敵は結構素早いです。もたもたしているとあっという間にダメージを喰らってしまうので、敵を確認し次第即座に撃ちましょう。
また、一人でやるとフィールドが広いので、敵を撃ち漏らしてしまう可能性があります。それなので、私は二人でやるのをお勧めします。(私は友人と二人でやってもクリアできませんでした。)
海中という設定なので全体的に弾速が遅いです。そのため、敵を見つけ次第連射するのが一番安全です。常に撃っているよりも連射した方がよいそうです。
そして私だけかもしれませんが、NPCの色が灰色なためにサメと間違えて撃ってしまうことが多々あります。そうするとライフが減ってしまいますので、灰色の物体を見たら、人かそうでないかを確認しましょう。

こんな人におすすめ

  • 冒険に出たい人
  • 普通のガンシューティングゲームに飽きた人
  • 海あるいは海洋生物が好きな人
  • 事故と見せかけて人を撃ちたい人(あくまでゲーム内の話です。)

移植

2019年3月現在このゲームは移植されていません。

設置店舗

八景島シーパラダイス カーニバルハウス

www.seaparadise.co.jp

ヨークタウン結城

yuki.acrossplaza.jp

三崎港「うらり」

www.umigyo.co.jp