人生の帆船

太々しい顔してるペンギンだな

愛されるより愛シタイ~THE HOUSE OF THE DEAD EX~-人生の帆船

スポンサーリンク

今回はハウスオブザデッドの外伝作品『愛されるより愛シタイ』を紹介していきます。

(今回は画像なしです。)

概要

『愛されるより愛シタイ~THE HOUSE OF THE DEAD~』は 、2009年にセガより稼働したガンシューティングゲームです。名前にハウスオブザデッドが付くことからわかるようにハウスオブザデッドの外伝作品です。

ストーリーがあり、ある研究所にいた男女?一組のゾンビが脱走し、追手から逃げるという話です。

もちろんゾンビはでますが外伝作品なので、そこまで難易度は高くなく、ミニゲーム集(ボス戦を除く)といった感じです。マリオパーティーに近いですね。

一人でも二人でもできます。

ゲームシステム

ハウスオブザデッドシリーズであるため、ガンはもちろん使います。それと今作ではペダルを使います。ペダルというとタイムクライシスシリーズを思い出す方もいらっしゃると思いますが、あまりそういう使い方はしません。ペダルではリズムゲーム等で使っていきます。

このゲームのここがいい

ほどよい難易度

このゲームの難易度は驚くほど簡単です。友人と二人でやったのですが、二人ともコンテニュー1回でエンディングまで行けました。基本的にボス戦でコンテニューしましたね。

間にあるミニゲームはノルマがあるのですが、どれも簡単なものばかりでした。

例えばですが、銃の照準をターゲットに向け続けるというゲームがありました。これは動くターゲットを追いかけ、照準でターゲットを追い続ければいいので、コントローラーを動かすだけです。

これはほんの一例ですが、基本的には初めてプレイする人に易しい難易度となっています。(一部難しいものあり)

コミカルなストーリー

このゲームにはストーリーがありますが、迫真めいたものではありません。ギャグテイストになっているので心が和みます。また登場してくるどのキャラも愛嬌があるので見ていて楽しいです。

このゲームのここがきつい

ボス戦

このゲームは、道中のゲームは簡単なのですが、ボス戦になると急に難易度が跳ね上がります。ボス戦では本家ハウスオブザデッドよろしく、ガチのガンシューティングゲームとなり、ドンドン撃っていかなければなりません。私はガンシューティングゲームが苦手なので照準をあわせるだけで一苦労です。

筋肉痛になる?ペダル操作

ゲームシステムのところでペダルを使うミニゲームあると書きました。この場合、ペダルを何回も踏み続けるのでふくらはぎが非常に疲れます。ペダルを使うゲームが連続できた場合は足がつることを覚悟した方がいいです。一緒にやった友人はつっていました。

総評

このゲーム、多少きついところもありますがほどよい難易度なので、ガンシューティングゲームが苦手な方にもおすすめしたいです。

また、二人でできるので友人や恋人とやるのもおすすめです。

移植

2019年3月現在このゲームは移植されていません。

設置店舗

ウェアハウス川崎(2019年3月確認)

なお、ウェアハウス川崎は施設自体をエンターテインメントと考えているので、ネタバレ防止のために写真撮影は原則禁止です。

kid's us land アルプラザ鹿島店

ナガシマリゾート湯あみの島

ウィングボート高松

他多数目撃情報あり。ただし、全国的に数が少ないので見つけたらすぐにプレイすべし!